2006年12月18日

公明党

こちらにあるように、今回の教育基本法改正にあたって、公明党議員にはたらきかけて法案成立を阻止しようとのよびかけがあった。私もどこかで目にしたが、そのとき「それでは動かないだろうな」と思って素通りした。公明党は池田大作氏の手足に過ぎない。公明党議員については個々の意思による選択などは断じてありえない。よびかけに応えてFAX等の行動をとった人も分かっていたと思うが。。

私が考えているのは公明党議員を動かすことではなく創価学会員を動かすことである。以前は「護憲」「平和」「福祉」といったことを看板にしてきた公明党がいまや全く逆の方向へ向いていることは、おそらく多くの学会員も感じ取っていることと思う。
今回とりあげられた池田氏の教育基本法についてのコメントもそうだが、学会員有志が自衛隊イラク派兵反対の署名を集めて公明党に届けたということもあった(ポーズである可能性も大きいが)。さらには目黒区議会議員の全員辞職という事態。
「公明党は学会の望む方向へはいっていないのではないか?」
という呼びかけは有効に思える。もちろん上意下達の組織がそう簡単に動くとも思えないが、これが日常的な疑問となったとき、脱会や自公連立への批判につながる可能性はあるのではないだろうか。

拡大をめざす組織にとって脱会ほど嫌なものはないはずである。そしてその理由が政治姿勢であるということになれば、池田氏も方向を改めなければならなくなるだろう。

楽観的過ぎるとは思う。しかし、仲間の連帯を強くするだけでなく、いま対立している相手をこちらに取り込む、もしくは行動を改めなければならない状況に追い込むことが必要だと思う。


posted by よたろう at 00:55| Comment(33) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。